男女

賃貸オフィスを上手く活用しよう|人数に応じて選択

  1. ホーム
  2. 居抜きをなくすために

居抜きをなくすために

男の人

なぜ居抜き物件になったのか考える

初期資金が少ないオーナーにとって一から内装をデザインしてインテリアや空調を考えたりなどすることは非常に大変なことです。また、殆どのオーナーは自分で細かい内装を考えることはできないので専門家に依頼してデザインしてもらう事になりコスト面を圧迫することになります。居抜き物件はそのようなコストを抑えたい人にとっては非常に魅力的な物件で、その初期投資金の少なさに魅了されてよく考えずにその居抜き物件を買ってしまう人もいます。しかし、なぜ居抜き物件になったのかを考えなければいけません。人通りが悪かったり、周囲の環境が劣悪で居抜き物件になっているようならそのリスクを回避できるかなど考えなければ、持続的に運営することが難しいです。

あえてリフォームすることで個性が出せる

居抜き物件だからと言って、その物件をそのまま改装もしないで使うことはあまり良いこととは言えません。多少リフォームすることで、店にマッチした内装にすることができるのです。例えば、飲食店であれば厨房内の冷蔵庫やキャビネットテーブルなどはほとんどの場合、改装をしなくても使い続けることができます。しかし、お客様が座るフロアは居抜きをそのまま使い続ければ、店のコンセプトを出すのが難しいのです。そのためフロアの内装だけをリフォームすれば少ないコストで自分らしい店を作ることができます。飲食店にしても、販売店にしても居抜き物件は資金の少ないオーナーにとっては魅力的な物件です。また、内装コストを抑えられればサービス面にお金を使うことができるのでお客様にとっても大きなメリットです。