男女

賃貸オフィスを上手く活用しよう|人数に応じて選択

  1. ホーム
  2. 仮想オフィス

仮想オフィス

ビル

現実にオフィスがないのにオフィス機能を完備

専任の事務担当者を置く余裕のない小規模事業者にとって重宝するサービスに、電話代行とか秘書代行といったものがありまが、近年、これらのサービスをさらに進化させたような代行業が話題を集めています。それがバーチャルオフィスです。 バーチャルオフィスとは実際のオフィススペースを賃貸することなく、オフィス機能だけを貸すサービスのことです。これを利用すれば、そのバーチャルオフィスの所在地を対外的な事務所所在地として表明することができるようになります。つまりたとえば実際には郊外の自宅をオフィスとして使用していたとしても、対外的には都心にオフィスがあるかのように仮想することができるわけです。 営業上の理由から名義だけでも都心に事務所を置きたいといった場合、バーチャルオフィスを利用すれば実際にオフィススペースを確保するよりも低コストで目的を達成することができます。ただし業種によっては公的な許認可に支障が出る場合などもあるので、導入に際しては注意が必要です。

さまざまなビジネスサポートも有り

バーチャルオフィスのサービス内容は業者によって多種多様ですが、一般的なところとしては事務所の名義を貸すほかに電話の代理応答、郵便物の受取代行及び転送などがあります。また、実際の来訪者がある場合に備えて会議スペースを時間貸しするといったサービスを行っているところもあります。 また、利用者のビジネスに関連したさまざまなサポートを提供している事業者もあります。現在のバーチャルオフィス利用者は、単独で起業して間もない経営者や個人事業者などがメインです。そこで、事業者によっては税理士や公認会計士、弁護士といったエキスパートと提携し、事業に対するコンサルティングや問題解決のためのアドバイスなどを提供することで、ビジネス成功の後押しをしています。